富山県美術館 TOYAMA PREFECTURAL MUSEUM OF ART AND DESIGN

【アクセス】
交通:JR富山駅南口から徒歩約20分。タクシー約10分。
富山駅前バス停より7番のりば(石坂・四方方面)の「富山赤十字病院 富山県美術館経由」に乗車、「富山県美術館」下車すぐ

【コレクション展】
ピカソ、ミロといった20世紀美術、日本や世界を代表する作家のポスター、椅子などデザイン作品も鑑賞できる。
富山県出身の美術評論家、瀧口修造のコレクション、晩年を富山で過ごしたシモン・ゴールドベルクのコレクションの展示室も見応えあり。

EXHIBITION 展覧会情報

富山県美術館
【富山県美術館開館記念展 Part 1
 生命と美の物語 LIFE - 楽園をもとめて】

2017年8月26日(土)〜2017年11月5日(日)


古来より現在まで、多くの作品が「生命=LIFE」をテーマに生み出されてきました。
古今東西の芸術家たちがこのテーマに関心を持ち、作品を通してその本質を明らかにしようとしてきたのは、それが私たち人間にとってもっとも身近で切実なものであったからにほかなりません。

本展は、富山県美術館(TAD)の開館記念展の第一弾として、アートの根源的なテーマである「LIFE」を「『すばらしい世界=楽園』をもとめる旅」ととらえ、「子ども」「愛」「日常」「感情」「夢」「死」「プリミティブ」「自然」の8つの章により構成し、国内外の美術館コレクションの優品を中心とした約170点を紹介するものです。
ルノワールなどの印象派から、クリムト、シーレなどのウィーン世紀末美術、ピカソ、シャガールなどの20世紀のモダンアート、青木繁、下村観山などの日本近代絵画、折元立身、三沢厚彦などの現代アートまで、生命と美の深い関わりについて考察し、この富山県美術館でしか体験できない、新たなアートとの出会いを創出します。

INFORMATION 施設情報

開館時間
  • 9:30~18:00 (入館は17:30まで)
休館日
  • 水曜日(祝日を除く)
  • 祝日の翌日
  • 年末年始
  • 臨時休館日、臨時開催日あり
観覧料
  • コレクション展観覧料
  • 一般
    • 300円
  • 大学生
    • 240円
  • 高校生以下
    • 無料
  • 企画展観覧料:展覧会によって異なります
  • 企画展観覧料でコレクション展もご覧いただけます。
電話番号 076-431-2711
駐車台数 103台(最初の1時間320円、以降30分毎110円加算。美術館もしくは環水公園利用の方は2時間無料)
必要入館ポイント数 1ポイント
閉じる