棟方志功記念館・愛染苑 AIZENEN

「世界のムナカタ」と呼ばれた版画家 棟方志功は、第二次大戦末期の昭和20年、家族とともに富山県福光町(現南砺市)へ疎開してきました。
世界へ躍進する直前の6年8ヶ月を暮らした、その生活をありありと感じることのできる貴重なスポットがこちら。

「棟方志功記念館 愛染苑(あいぜんえん)」では、棟方作品を見られるほか、アトリエを兼ねていた旧居「鯉雨画斎(りうがさい)」を実際に入って見学することができ、民藝館「青花堂(しょうげどう)」と、説明パネルが展示してある「棟方志功資料館」の計4つの施設をご覧いただけます。

INFORMATION 施設情報

開館時間
  • 9:00~17:00
休館日
  • 火曜日(祝祭日は開館)
  • 祝祭日の翌日
  • 年末年始
観覧料
  • 一般
    • 300円
  • 大・高生
    • 200円
  • 小・中学生
    • 無料
電話番号 0763-52-5815
駐車台数 22台(無料)
必要入館ポイント数 1ポイント
閉じる